DoctorUP

Home > サービス > DoctorUP

現役医師の節税・税金対策のための不動産投資【DoctorUP】


病院の関連情報

病院(びょういん、英: hospital)は、疾病や疾患を抱えた人(病人、患者)に対し医療を提供したり、病人を収容する施設(の中でも一定の規模のもの)のこと。 病院の設立者は公的セクターが多いが、また保健組織(営利または非営利団体)、保険会社、慈善団体などがある。病院は歴史的に、その多くが宗教系修道会や慈善家によって設立・運営されてきた。
※テキストはWikipedia より引用しています。

節税をお考えの医師の皆様、不動産投資のDoctorUPへ是非一度ご相談下さい。日々社会に貢献している医師の皆様が経済的にも恵まれますように、それがプルアップの願いです。

お金持ち、高収入、ハイソサエティ、セレブリティなどの言葉の代表格と言えば、 やはりお医者さんを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。 ちなみに今どきの小学生に将来の夢をインタビューしてみると、 学年に何人かはお医者さんになってお金持ちになりたいと答えます。 なかなか現実的ですね。 もっと昔の子供たちは、人の命を救いたいとの思いで医師を目指していたように思います。 何れにしても様々な職業を比べて平均的に医師の収入が多いことには異論はないと思います。 では、たくさんの収入がある医師は節税をどのようにしているのでしょうか。 やはり不動産購入による節税をする医師が多いようです。 もちろん投資としての不動産購入もあると思いますが、 まだ開業医ではない場合は将来的に開業するための不動産購入というのが理にかなっていると思います。 立地条件の良い土地は人気があります。 特にニュータウンなどが開発されて一斉に売り出される場合などはぜひ早めに購入した方がいいでしょう。 ニュータウンでは最初に開業してその街一帯において住民たちが馴染みの患者さんになってくれれば、 なかなか後からは別の病院は開業して来ないでしょうから、言わば早い者勝ちと言えるでしょう。 そのためには常に近隣地域の住宅開発情報には敏感である必要があります。 そのような情報は地元の市役所の土木課などに問い合わせればある程度の情報は得られることでしょう。 また、そういった情報に強い不動産屋と日ごろから懇意にしていると、 ニュータウン計画などが耳に入ってきた時にはいち早く教えてもらえるかもしれません。 将来のために不動産を購入して、それが現在の節税対策にもるという一石二鳥の方法が、 まだ開業していない医師の最良で最も賢い行動であると確信しています。 今現在、どのような動きをするかが良くも悪くも将来に何倍にもなって戻ってくるでしょう。

注目キーワード

慶應病院
東京都新宿区信濃町にある慶應義塾大学医学部の大学病院。正式名称は慶應義塾大学病院。 →慶應義塾大学病院
精神病院
精神科病院の旧名称。2006年、精神病院の用語の整理等のための関係法律の一部を改正する法律(精神病院の用語整理法)の制定で変更になった。 →精神科病院