PULLUP

Home > 住宅 > PULLUP

株式会社プルアップ|一棟RC収益物件に特化した不動産投資


不動産の関連情報

不動産(ふどうさん、英: immovables)とは、国際私法や大陸法系の民事法で用いられる概念であり、大まかにいうと土地とその定着物、あるいはそれらに対する物権を広く含むこともある。英米法系の民事法における物的財産(real property)に近似する概念であり、その訳語としても用いられることが多い。 日本法においては、土地及びその定着物をいうとされ(民法86条)、条文上の直接の根拠はないが、建物それ自体が土地とは別個の不動産とされる(不動産登記法はそのような前提で定められている)。これは台湾民法にもみられるが、比較法的には珍しい。この他にも特別の法律により立木、鉄道財団等も一個の不動産とされている。 また、本来は不動産ではないが、法律や行政上などで不動産に準じて扱われることがあるものとして船舶、航空機、鉱業権などがある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

株式会社プルアップは一棟RC収益物件に特化した不動産投資専門会社です。出口戦略のことなら弊社へお任せください。オーナー様の利益を最大化致します。

どんな部屋に住みたいですか?そう聞かれたら、私の最初の答えは「陽当たりが良い部屋」これになります。もちろん優先順位は人によって色々だから、「仕事場への近さ、アクセス」を選ぶ人もいれば、「買い物のしやすさや周りの環境」を挙げる人もいるでしょう。「間取り」にこだわりがある人、築年数や設備で選ぶ人がいるかもしれません。おっと、「家賃」も重要な条件ですね。 仕事をしていると部屋にいるのは夕方~夜に帰って、朝出かけて行くまでの時間。要はほとんどの時間を寝て過ごすだけだから、陽当たりなんか関係ない、こういう人も多いと思います。でも部屋に陽が差してベッドに当たらなかったら、布団は不衛生で消毒もされないままです。最近、布団乾燥器がよく売れているのに、どうしたことでしょう? 陽が当たらない部屋は空気が澱んでいて、湿気が強い傾向があるでしょう?それも嫌なんですよね。押し入れを開けたらカビ臭いとか、実際にカビが発生しているとか。いくら健康に気をつけていると言ったって、こういう部屋で寝起きするのは身体に良くない気がします。いくら寝るためだけと言ってもそこで食事もすれば、お風呂にも入る。生活の場であることに違いはないのですから。 陽が当たらない部屋は昼間でも薄暗く、光が届かない場所。何だか良くないものまで寄ってきそうな気がします。その部屋やアパートで昔何かがあったとか、訳あり物件だとかと言うのとは別に、薄暗くて空気が重いところが好きそうなものはゴキブリ以外にもいそうじゃありませんか?目には見えなくても、音として聞こえなくても。そういうものが寄ってきそうなのは勘弁だから、まずは陽当たり。 そして、これが一番大切です。陽当たりは、自分の力でどうにかすることが不可能だから。間取りや多少のことなら、自分の工夫次第で対処出来る余地がありますが、陽当たりや天気はどうにも出来ません。エアコンでも空気清浄機でも、陽当たりの改善は不可能です。今、アパート選びで迷っている人がいたら、まず最初は「陽当たり」ですよ。と陽当たりbakaの独り言でした。

注目キーワード

不動産
*民法86条による定義 土地及びその定着物((なお定着物の例として、建物、庭石、樹木がある))は、不動産とする。 *不動産の鑑定評価に関する法律による定義 不動産とは、土地もしくは建物または、これらに関する所...
不動産会社
主として不動産の売買、交換、賃貸、管理及び、売買・交換・賃貸の代理もしくは仲介を行う会社の総称。 狭義でいうデベロッパーも含まれている。