PULLUP

Home > 住宅 > PULLUP

株式会社プルアップ|一棟RC収益物件に特化した不動産投資


不動産の関連情報

不動産(ふどうさん、英: immovables)とは、国際私法や大陸法系の民事法で用いられる概念であり、大まかにいうと土地とその定着物、あるいはそれらに対する物権を広く含むこともある。英米法系の民事法における物的財産(real property)に近似する概念であり、その訳語としても用いられることが多い。 日本法においては、土地及びその定着物をいうとされ(民法86条)、条文上の直接の根拠はないが、建物それ自体が土地とは別個の不動産とされる(不動産登記法はそのような前提で定められている)。これは台湾民法にもみられるが、比較法的には珍しい。この他にも特別の法律により立木、鉄道財団等も一個の不動産とされている。 また、本来は不動産ではないが、法律や行政上などで不動産に準じて扱われることがあるものとして船舶、航空機、鉱業権などがある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

株式会社プルアップは一棟RC収益物件に特化した不動産投資専門会社です。出口戦略のことなら弊社へお任せください。オーナー様の利益を最大化致します。

不動産投資を中心に投資相談の事業を行っているのがプルアップです。収益性が高いといわれる一方、リスクを指摘されることが多い不動産投資をいかにしてうまく安定して続けていくか、プロの視点からさまざまなアドバイスやサポートを行っています。 超のつく低金利時代が続いていることで銀行への預金に代わる資産運用が求められている時代です。とはいえ現在の不透明な景気の動向や不安定さを増す世界情勢では株式や先物取引といった資産運用の選択肢はリスクが大きすぎる、と感じている人も少なくありません。それに対して不動産投資は家賃収入の形で毎年安定した収益を得ることができる、20年、30年単位での運用ができるといったメリットから資産運用の選択肢から注目されているのです。 ただこの不動産投資にもいくつかの問題点・デメリットがあります。まずマンション・アパートといった賃貸物件を手に入れること。よほど資産に恵まれている人でもなければ不動産投資向けのローンを使用することになりますから、もし失敗して思うように収益を挙げられなかった場合の損失が大きくなります。また魅力があり、入居者を安定して確保できる不動産物件を手に入れることができるかどうかで成否がほぼ決まる面があるため、初心者がいきなり自分で購入する物件を見つけるのはリスクが大きすぎる点もデメリットです。 プルアップではこうした不動産投資の問題点をプロの視点から解消し、良い物件探しから安定して収益を上げるためのアドバイスや相談などを行っています。20年、30年と安定して収益を上げていくためには継続的な投資や対策が必要になります。投資相談では家賃や管理の問題など「買ってから勝負するべき」ポイントについても適切なサポートを行っています。 不動産投資に興味はあるけれどもどんな物件を買えばいいのかわからない、リスクが高そうで不安、という方はまずプルアップに相談してみてはいかがでしょうか。スタッフがきめ細かなサポートで基本から教えてくれるはずです。

注目キーワード

不動産市場
【real estate market】 不動産のマーケット
三井不動産
英文表記:Mitsui Fudosan Co., Ltd. 証券コード:8801 東京都中央区日本橋室町 三井本館に本社をおく、総合不動産会社。 ビル賃貸業が主力だが、グループ会社などによりマンション分譲業ならびに不動産仲介業「三井...