ペットパパ

Home > 生活 > ペットパパ

東京のペット火葬・葬儀|ペットpapa(ペットパパ)


葬儀の関連情報

葬儀(そうぎ)あるいは葬式(そうしき)とは、人の死を弔うために行われる祭儀、葬制の一部である。
※テキストはWikipedia より引用しています。

ペット火葬、ペット葬儀、移動ペット火葬車を使った東京のペット訪問火葬サービスです。スタッフの作る可愛い手作りグッズがペット火葬、ペット葬儀を優しく演出します。ペットらしいお別れを、ご一緒に。

ペット葬儀は土葬を選ぶ方よりも、火葬を選ぶ方が多いです。人間もそうですよね。昔は土葬が当たり前になっていた時代もあるのですが、今は公衆衛生面や墓地不足も考慮して火葬の方が推奨されています。 では土葬をしたい場合はどうすれば良いのでしょうか。その場合、まずは土地を用意することになります。一戸建てなどを持っていればお庭に埋めることになりますね。公園や山など、他の人の土地に埋めてしまうのはもちろん犯罪行為ですからやめるようにしましょう。土葬の場合、空気に触れないので腐敗しないという意見もありますがその地質や環境などにもよります。ちゃんと出来ていないと空気が入って腐敗が進むこともありますね。そのため、まずは公衆衛生面について考えなければなりません。 まず、埋めるには穴を掘る必要がありますが、想像以上に深く掘る必要があります。これは腐敗臭対策でもありますし、動物に掘り起こされないためでもあります。特に野生動物が多いエリアでは、土葬しても掘られてしまうケースが多いので注意するようにしましょう。この対策としては深めに掘ることと、土を盛り上げたらその上に大きめの石を置くことです。これによって掘り起こされるのを防ぐことが出来ます。 さて土葬をする場所を改めて考えてみましょう。1番良いのは先祖代々の土地など、動く予定の無い場所です。引っ越しをする予定が少しでもあるのでしたら土葬はお勧め出来ません。なぜかといいますと、しっかり埋めてあげれば土が空気を遮断しますので、なかなか腐敗しないのです。そのため、長い年月を経てゆっくりと土に戻っていきます。その途中に引っ越しになって掘り起こすことになると、火葬はしていないので悲しい姿を見ることになってしまいます。そのため、土地はかなり限られてしまいます。 そして、土葬をする場合も病原菌などを持っていないか一度確認してもらう必要があります。これが原因で周辺に菌を撒いてしまったりすると大変ですし、こういった事情から日本ではペットも火葬が推奨されています。

注目キーワード

葬儀委員
一般に社葬や団体葬、お別れの会などを運営する葬儀委員会の委員のこと。社葬や団体葬では役員クラスがメンバーになる場合が多い。
葬儀屋
葬儀全般を専門に請け負う業者さんのこと
【関連情報:ペット火葬 東京