リフォームお助けマン

Home > 住宅 > リフォームお助けマン

京都市・向日市のリフォームお助けマン|蒲原工務店


リフォームの関連情報

リフォームとは、居住の改築や改装のことで、特に内外装の改装を差す和製英語。 英語の reform は「改心する、改正する」もしくは広く「作り直す」の意であり、日本語の「住宅リフォーム」に相当する語は renovation、refurbish である。また、建築業者の中には「リフォーム」ではなく、「家を作り直す」との意を込めて「リホーム」 (rehome) としているところもある(これも和製英語)。
※テキストはWikipedia より引用しています。

お客様のご要望に全力投球!!京都市・向日市のリフォームなら蒲原工務店におまかせください。よくあるご相談、施工事例、業者の選び方、費用の目安などを掲載しています。

憧れのマイホームとして、分譲マンションを購入した友達。 でも、その分譲マンションって、購入者にあんまり子供がいないのか、お隣からも階下からも、「子供がうるさい」と苦情が連日入り、ちょっと育児がナーバスになってきているそうです。 音が響かないように、コルクマットをフローリングに敷き詰めて、消音カーペットも使っているのですが、それでもうるさいと言われてしまうので、家の中で子供といるのが怖くなってしまったそうです。 京都市のリフォーム業者に腕が良い人がいると聞き、防音リフォームを相談しようと思っているようです。 でも、分譲マンションでの防音リフォームとなると、それはそれで問題が多く、やはり工事をする時には、ご近所さんや管理会社へ相談が必要になるようですね。 いくら分譲とはいえ、やっぱり集合住宅の場合は、リフォームをしようとなると、周りへの配慮が必要になるので大変そうです。 せっかく買ったマイホームなのに、「こんな気を遣って済まないといけないのだったら一軒家にすればよかった」と今ではちょっと後悔しているような感じでした。 私は友達の近くに住んだことがないので、何とも言えないのですが、一緒にいて迷惑をかけるような人ではないし、子供さんも大人しい感じなので、そこまでうるさいと言われてしまうのは不思議でなりません。 やはり神経質な人がたまたま多かったのか、それとも子供がいない人で理解がないのか、子供自体が嫌いなのか、色々と原因は考えられますが、どっちにしても子供を育てにくい環境なんじゃないのかなって思いました。 子供を育てるのに、無音で育児をしろっていう方が無理だと思うんですけどね。 防音対策を出来る範囲でしているのに、それでもうるさいって言われてしまうと、もう「出ていけ」って言われているような気になってきますね。 管理会社の人は、理解がある人のようで、「仕方ないですよ」って言ってくれているのが救いのようです。

注目キーワード

長谷工リフォーム
悪質リフォーム
住宅リフォームで悪質なもの。不必要な工事や法外な料金請求など。 2005年は、認知症の老人につけこんだ「次々販売」が問題になったりした。
【関連情報:京都市 リフォーム