株式会社シグマテック

Home > サービス > 株式会社シグマテック

株式会社シグマテック|埼玉の調液・培養装置メーカー


リサイクルの関連情報

リサイクル(英: recycle)とは、「再循環」を表す概念で、具体的には、廃棄物等を再資源化し、新たな製品の原料として利用することである。資源再生、再資源化、再生利用、再生資源化等とも呼ばれる。同一種の製品に再循環できないタイプの再生利用についても広くリサイクルに位置付けられる。 リデュース(reduce、減量)、リユース(reuse、再使用)と共に3Rと呼ばれる。
※テキストはWikipedia より引用しています。

調液・培養装置メーカー、シグマテックのホームページ。埼玉県にて、医薬品や化粧品をはじめ各種プラントエンジニアリング、医薬品や化粧品の製造装置医薬品や化粧品製造に関わる各種バリデーションの作成業務を行っております。

設備制作といっても様々な会社が存在します。 その中でも、評価が高い会社こそが「シグマテック」。 シグマテックといえば、様々な設備制作を行っている会社です。 微生物や動物細胞の培養などの精製設備の設計、研究開発に欠かせない、ファインケミカル関連装置の設計、その他にもニーズに応じて行っています。 コストをさえつつも高品質な製品を送り出しているため、評価もいいものとなっています。 調液設備においては、今まで人の手で行われていた温度管理や、調液時間の調整、投入液量の調制を自動に制御し、ムラのない均一的な製品の提案をしています。 また、それらをデータの記録に残すこと、製品のより良い生産管理の向上をしているのです。 もちろん、構成機器は全部がメーカーによる検査保証をされています。 またその他にも相手の要望に合わせた取り組みも行っています。 理化学機器をオリジナルに設計しており、一つ一つ考えた上で喜んでいただけるような、ワンオフ製品の設計や製作をしているのです。 相手の希望に沿った、循環水槽や潤滑油化試験器シュミレーター、特殊乾燥機など様々なものをオリジナルで制作しており、活躍の場を広げています。 会社のコンセプトとして常にお客様の声を大切に、お客様の視点に立った製品とサービスの提供に努めるということを掲げています。 設備制作にとどまらず、大切なのはお客様との信頼関係。 多くの企業が掲げているものですが、シグマテックはそういった基礎となる理念を大切にしている会社なので信頼度も高い企業となっています。 様々なものが生産されている社会。 海外でも様々なものが産み出されており、競争は激化しています。 その中で、いかに相手のニーズに合わせた高品質の設備制作ができるかどうかはとても大切です。 その上でもシグマテックはより良い製品つくりに勤め、多くの企業のお役に立っている会社なのです。

注目キーワード

リサイクル・セックス
恋愛カウンセラー・作家の安藤房子の著書「リサイクル・セックス〜元彼や男友だちと気軽にセックスする女たち〜」。 女性が元彼や男友達など、自分にとって身近な男性と“ついつい”してしまうセックスのこと。 彼氏......
リサイクルインク
リサイクルインクカートリッジのこと 回収された空カートリッジを買取り、洗浄した後にインクを充填して販売する 純正品よりは当然いくらか安い [google:リサイクルインク] 修理か再生産かを巡りもっか法廷論争中 ht...