アーク・ア・オア・コーポレーション

Home > 住宅 > アーク・ア・オア・コーポレーション

府中の賃貸・不動産はアーク・ア・オア・コーポレーション


賃貸借の関連情報

賃貸借(ちんたいしゃく)とは、当事者の一方(貸主、賃貸人)がある物の使用及び収益を相手方(借主、賃借人)にさせることを約し、相手方がこれに対してその賃料を支払うことを約することを内容とする契約。日本の民法では典型契約の一種とされる(民法第601条)。 日本の民法は、以下で条数のみ記載する。
※テキストはWikipedia より引用しています。

府中の賃貸・不動産はアーク・ア・オア・コーポレーション。賃貸マンション・アパート・分譲マンションなどの情報を多数ご用意しております。初めてのお部屋探しもぜひ当社へお任せ下さいませ。

不動産物件の中でも一軒家はもっとも高い買い物です。念願のマイホームを購入する際にはその不動産の内容を詳しくチェックし、購入後に後悔することがないように万全の準備を行っておく必要があります。 そんな一軒家の不動産をチェックする際にはいくつかのポイントがあります。まず安心して住める家であることが大前提ですから、構造をしっかり確認しておきましょう。工事中の物件では必ず現地に足を運んで見学するとともに説明を受けることが大前提です。建築に関して詳しい知識がなくてもしっかり工事が行われているか、施工会社の仕事に対する姿勢などでチェックすることができるはずです。 建物の内部を見学する際にはまず生活動線をチェックしましょう。マンションとは異なり立体的な構造になる分生活動線が長く、複雑になります。家族全員が実際に生活してあちこち移動することを前提にチェックしてみましょう。トイレ、バス、洗面所の位置、家族の個室とリビングの位置関係、洗濯機から洗濯物を干すベランダまでの距離など。この動線がゴチャゴチャになっていると朝慌しい時間帯に家族全員が入り乱れるように移動しなければならず面倒になるなどの不都合が生じます。家族全員がスムーズに動けるのはもちろん、家族が日々の生活の中で自然と顔を合わせ、集まりやすい動線かどうかも見ておきたいところです。 それから水回り。最近の一戸建てでは対面式のキッチンの人気が高く、解放感のある環境が求められています。さらに家族が協力して料理をする機会も増えており、キッチンにはすれ違えるだけの十分なスペースが望まれます。使用するその他調理台の広さ、収納などもチェックしておきましょう。お風呂ではスペースはもちろん、衛生環境を維持しやすいかどうかを見ておきたいところです。 収納もマンションとは事情が異なる点です。マンションでは床面積の7~8パーセント程度が一般的な収納率ですが、一軒家の場合は10パーセント以上が大前提となります。また収納の場所にも注意が必要ですから、この点は設計図や間取り図も確認したうえで判断したいところです。

注目キーワード

賃貸借
一方が土地や建物などを使用収益をさせ、また、もう一方がその対価として賃金を支払う契約。
賃貸借契約書
【関連情報:府中 不動産