SEIKO

Home > ビジネス > SEIKO

順送プレス加工・金属プレス加工の成興


抵抗器の関連情報

抵抗器(ていこうき、英: resistor)とは、一定の電気抵抗値を得る目的で使用される電子部品であり受動素子である。通常は「抵抗」と呼ばれることが多い。 電気回路用部品として、電流の制限や、電圧の分圧、時定数回路などの用途に用いられる。集積回路など半導体素子の内部にも抵抗素子が形成されているが、この項では独立した回路部品としての抵抗器について述べる。
※テキストはWikipedia より引用しています。

順送プレス加工・金属プレス加工なら中国工場を持つ成興にお任せください。日本工場と変わらない高品質の加工品を低価格でご提供致します。

大量の部品などを生産するのに役立つ機械が、順送プレスです。順送プレスを動かすには、先にCADなどで金型を制作する必要があるため、製品を売る前に沢山のコストがかかります。そのため、順送プレスを使用して沢山の生産が見込めそうな部品などに関しては、会社として先行投資をしていると考えて制作を行う事が大切です。 はじめの試作の段階では、順送プレスを使用して生産をするかの検討はできませんが、すでに依頼を受けて、大量生産が決まっているものに関しては、順送プレスを使用した方が、大量に生産ができるため、CADの制作時点から、順送プレスの使用を想定して、設計を行う事があります。 特に、順送プレスを使用して生産できるような大量商品に関しては、最近は日本国内の生産ではなく、海外に自社工場を置いて、生産する事で、人件費や工場の維持費などを抑えて、その分利益にプラスするという方法をとっている会社もあります。 実際に、順送プレスで生産ができれば、商品の品質も良いものをつくり事ができます。特に、すべての工程を機械で行うため、日本での人件費よりも、海外での人件費が安くすむため、もともとコストも抑えめで生産せき順送プレスのメリットに、プラスアルファでメリットがつくことになります。 たくさんの製品をつくるのは、日本ではその分コストもかかってしまうため、品質はそのままで、コストの削減ができる海外を拠点に活躍している会社もふえています。 特に、海外に進出してそこで工場を展開する事で、現地雇用の推進にもつながるため、工場をおくことで、海外支援にもつながります。 日本の企業の工場は、海外でも人気が高いため、雇用をするにはそんなに困らずに募集をする事ができます。 はじめのうちは、日本から技術者が赴いて指導する必要がありますが、最近は現地で中心的に動ける方もいるため、海外での雇用も含めて、海外での工場展開はこれからもどんどん増えて行く傾向があります。

注目キーワード

抵抗器及びコンデンサの表示記号
日本工業規格「[]JIS C 5062[]」の標題。→ JIS C 5062
【関連情報:順送プレス