JAPANDOGACADEMY

Home > サービス > JAPANDOGACADEMY

ドッグトレーナースクールは専門学校の『ウィジードッグアカデミー』


犬の関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

ドッグトレーナースクール、専門学校ウィジードッグアカデミー。ドッグトレーナーやドッグセラピストを目指す人へのカリキュラムが充実、ドックスペシャリストを養成する専門学校です。無料学校見学・説明会も実施中!ぜひお越しください。

専門的な分野で活躍をすると、大きな夢を見ることができるので、積極的に挑戦しましょう。ドッグトレーナーになるためには、スクールに通わなければなりませんが、東京には数多くのスクールがあります。ドッグトレーナーを目指している人でも、分からないことがある場合は、説明会に参加することができます。説明会では、海外で活躍しているドッグトレーナーの様子を紹介しているので、初心者でも、親近感が増します。スクールの養成コースでは、世界基準の理論と技術を学ぶことができます。カリキュラムは半年間なので、期間限定です。世界的にも知られている理論を用いながら、モチベーショントレーニングをしたり、現場実習をしているので、短期間で色々な知識が身に付きます。理論を座学で学ぶときは、最新の研究結果やトレーニング動向を取り入れて、分かりやすく教えているということもあり、説得力があります。授業は、一般知識から子犬の社会化プログラムまで幅広いです。講義スケジュールは、シーズンによって、変わりますが、試験の内容も充実しているので、自分が受講したいものを選ぶようにしましょう。実技実習は最低でも120時間です。実習で身に付けたものは、社会に貢献できるので、今後の人生において役立ちます。また、スクールでは、独立開業を目指している人のために、集客マーケティングの手法を学ぶこともできます。集客をして、成功するコツを掴むことができるので、前向きな気持ちでビジネスを展開させることが可能です。授業料は、コースによって異なります。現場実習になると、費用が高額になる可能性があるので、事前に話し合いましょう。スクールの資料は無料で請求することができます。また、メールや電話で相談をすれば、募集に関する情報も入手できるので、正しい情報を得ることができます。集客のノウハウが理解できたら、実践的な内容も教えているので、すぐに現場で活躍することができます。

注目キーワード

負け犬
けんかに負けて、しっぽをまいて逃げる犬。比喩的に、勝負、競争に負けてすごすごと引き下がる者。 「―は吠える」「―根性」 -映画字幕では"loser(ルーザー)"を「負け犬」と訳している場面が多く見受けられる。 -第...
負け犬
いわゆる「30代以上・未婚・子無し」の人間をさす。 酒井順子が『負け犬の遠吠え』((ちなみに著者自らを負け犬と認めており,「弱さを認めた犬のようにお腹を見せておいた方が�犬⑯廚ぁ廚�30代独身女性(キャリア女性......
【関連情報:ドッグトレーナー スクール