ジャパンドッグアカデミー

Home > サービス > ジャパンドッグアカデミー

【受講生・卒業生たちの声】ドッグトレーナー・ドッグセラピスト専門学校 ウィジードッグアカデミー


犬の関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

ドッグトレーナー・ドッグセラピストを目指すならウィジードッグアカデミー。こちらのページでは、実際にドッグセラピスト・トレーナーとなった卒業生の声と共にウィジードッグアカデミーが選ばれる理由を説明しています。

今の社会事情を見渡すと、様々なストレスに溢れていると言えます。ストレスは目に見えにくいですし、学校や職場の人間関係に悩み、復帰するのに時間を要する場合もあります。メンタルクリニックに通院する方も多いですし、早めのケアをすることが大切ではないでしょうか。そんな時代を反映してか、動物セラピーに注目が集まっています。中でも人気が高いのが、犬の持つ力を活用するドッグセラピーです。日本も一億総ペット時代ですし、犬や猫を飼う御家庭が増えています。ペットは癒しをくれる存在ですし、仕事や学校でのストレスを吹き飛ばしてくれます。実際の医療現場においてもドッグセラピーを導入するところが増えていますし、確実な成果を上げているようです。ただ、課題となっているのがドッグセラピストの不足です。専門的な訓練を受ける必要があるドッグセラピストですが、日本国内には教育機関が不足しているのが実情です。ターミナルケアや障がい者の機能回復に大きな期待があるドッグセラピーですし、ハード面の整備が急務となっています。小型犬から大型犬まで、用途や目的に応じて活躍することが出来ます。犬は賢く人間に従順ですが、それでも最低限の躾を身に付けておくことが重要です。各種疾患の知識も身に付けておくべきですし、それらをトータルでケアするのがドッグセラピストの役割です。全国にはペット系の専門学校がありますが、これからはドッグセラピスト養成のコースが増えると予想されています。将来的には独立開業も可能ですし、需要もまだまだ増えるのではないでしょうか。60歳以上のシニアであっても、活躍するチャンスは多いと言われています。犬との信頼関係を築くには、長期の期間が必要になります。基本のカリキュラムを消化することで、初めてスタートラインに立てると言える職業です。認知度は高いとは言えませんが、社会を明るく照らすことが出来ますし、明るい未来が開ける仕事だと言えます。

注目キーワード

子犬
→いぬ イヌ 生後半年くらいまでの犬のこと。 今後犬と生活を共にする場合は、迷子対策(迷い犬対策)の為にいち早い保健所での予防接種と、鑑札受領・取付が推奨される。
警察犬
警察が犯罪の捜査、遭難者の捜索などに使う犬。 シェパードが多い。
【関連情報:ドッグセラピスト