誠友堂

Home > ビジネス > 誠友堂

事例紹介 | 金は小分け分割で節税&マイナンバー対策【銀座誠友堂】


装身具の関連情報

装身具(そうしんぐ)とは、指輪やネックレス、ペンダント、イヤリングなど、衣類と合わせて身を飾るための工芸品である。
※テキストはWikipedia より引用しています。

金の売却・贈与・相続などの事例を紹介しております。金を小分けに分割して節税。金は100g単位の小分けにすればマイナンバーと支払い調書を提出する義務がなくなります。

近年、様々な種類の投資があるので、どういう方法であれば自分に合うのか、ということを検討するという人が増えてきています。将来のために少しでも資産を増やしたいと考えるのは当然のことでしょう。金投資を行って利益を設けることもできます。金の相場は変動も激しいので長く持つと大きな利益につながるということがあります。FXやNISAの場合には、確定申告をする際に面倒ということもありますが、金に投資をする場合には、節税にもなるので行ってみるのもよいでしょう。購入をするのも簡単ですし、専門店であれば自動販売機でも金を購入することができるようになっています。グラム単位ではなく、現金でいくら分という形で購入をすることができるようになっているので、かなり便利です。あまり難しく考えることもありません。それなのに節税にもつながるというのはとても嬉しいことです。納税の義務は国民に課せられていることですが、それでも少しでも絶節税をしたいと考えてしまうのは、正しい税金の使い方がされていないから、ということもあります。少しでも自分のためになるようにお金を使いたいと考えているのであれば、投資を行うとよいです。しかしその投資にも自分に合う方法があるはずです。何でも良いというわけではないので、どういう方法が自分に適しているのか、ということを考える必要があります。分からない場合には投資のプロに相談をすると良いでしょう。投資信託を行っている専門業者であれば、アドバイスを受けることもできるようになっています。店頭に足を運んで相談をするのがベストですが、それが困難な場合にはインターネットでも可能になっているので、分からないことがあれば確認をしてみると良いでしょう。節税は注意をしなければ脱税と判断されてしまうことがあります。意識していなくても脱税だと指摘されることもあるので、節税と脱税の判断はかなり難しいので専門家に確認をするよいです。
【関連情報:金 節税