家庭用・業務用軟水器イオンソフナー

Home > ショッピング > 家庭用・業務用軟水器イオンソフナー

家庭用・業務用軟水器イオンソフナー


軟水器の関連情報

軟水器(なんすいき)とは、水の中に含まれるカルシウムイオンやマグネシウムイオンなどの陽イオンを、イオン交換樹脂の働きでナトリウムイオンに置き換える働きを持つ装置、または器具のことである。 同じくイオン交換樹脂を使って水中のイオンを全て取り除こうとする(言い換えれば水中の陽イオンを水素イオンに、陰イオンを水酸化物イオンに置き換える)純水器(じゅんすいき)とは区別される。また最近では、意味が拡大解釈されて単に水道水や硬水から軟水を造り出す装置、または器具の意味で用いられることもある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

今は井戸水を使っている家庭なんでない、と思っている人もいるでしょう。しかし使っていない家庭が全くないわけではありません。昔のように手動でくみ上げるような家庭はないかもしれませんが、井戸水が水道に繋がっているという家庭はあります。井戸水は水質が変化をするということもあるので、定期的に水質検査を行なわなければいけない、ということもあります。また浄水器を取り付けて、ろ過をするという家庭もあります。井戸水を一旦煮沸して使っている家庭もありますが、手間がかかってしまうということもあります。また検査に合格をしても次の検査までに水質が変わってしまったり、細菌に汚染されてしまうと言う可能性もあります。安心をして使うためにも浄水器を設置して雑菌を取り除く、ろ過をするという家庭もあります。今は水道と一体になっている浄水器も多くなっているので、場所も取りません。邪魔にならずにキレイで安全な水を飲むことが出来るようになっているので、心配をすることもないでしょう。浄水器も性能が高くなってきていますし、フィルターも細かいものになってきているので、安全というだけではなく美味しい水を摂取することも出来るようになっています。井戸水は災害の時にも使用をすることができる、というメリットもあるので、非常用水として提供をしている家庭もあります。自治体から非常用水として指定を受けている家庭もあるくらいです。井戸があるというのは昔の話ではなく、今でも普通にあるので珍しいことではありません。都心部ではあまりないかもしれませんが、ちょっと都心部から離れると井戸水を今でも生活用水として利用をしているところはあります。1年を通して水温が一定ということもメリットと言えるでしょう。気温の変化に左右されにくいというのは、省エネにも繋がるということがあります。しかし新たに掘ることは難しいので、既存のものを利用するということが多くなっています。
【関連情報:井戸水 浄水器