殖産のベスト

Home > 住宅 > 殖産のベスト

吉祥寺・杉並・中野・三鷹の不動産物件なら「殖産のベスト」


不動産の関連情報

不動産(ふどうさん、英: immovables)とは、国際私法や大陸法系の民事法で用いられる概念であり、大まかにいうと土地とその定着物、あるいはそれらに対する物権を広く含むこともある。英米法系の民事法における物的財産(real property)に近似する概念であり、その訳語としても用いられることが多い。 日本法においては、土地及びその定着物をいうとされ(民法86条)、条文上の直接の根拠はないが、建物それ自体が土地とは別個の不動産とされる(不動産登記法はそのような前提で定められている)。これは台湾民法にもみられるが、比較法的には珍しい。この他にも特別の法律により立木、鉄道財団等も一個の不動産とされている。 また、本来は不動産ではないが、法律や行政上などで不動産に準じて扱われることがあるものとして船舶、航空機、鉱業権などがある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

吉祥寺・杉並・中野・三鷹エリアの不動産なら殖産のベストにお任せください。【地域密着25年】ならではの≪未公開情報≫満載!新築戸建、中古戸建、土地の不動産売買専門店です。全50人のスペシャリストがあなたのくらしさがしをお手伝いします。

杉並区で不動産の購入が活発になっています。都心部に近く、各種の教育機関や商業施設が多数存在している杉並区には、毎年のように多くの方が移住をして来ている状況でもあります。公示地価や路線価を眺めていても、杉並エリアの地価は安定していて、一戸建てやマンションのような高額物件を購入しても不安を感じることが無い状況にもなっています。家族構成の変化や仕事の都合により転居を考えている方には、緑の多い都心部である杉並エリアは最良の住環境になっていくことでしょう。生活環境も良く、地価の安定も見られる杉並エリアで物件の購入を考えていくのであれば、事前に自分なりの資金計画を検討していくことが重要です。どの程度の頭金が用意出来るかを事前に把握しておけば、幾らぐらいの物件を購入出来るかのイメージも浮かんでくるものです。最近は頭金が無くても購入が可能な物件も数多く見られるようにはなっていますが、長期的なローンの支払いを抱えてしまうのは、生活面を考えると良い手段とは言えません。急な失業などの収入減少も視野に入れ、毎月のローン返済金額の生活費用に対する負担を最小限に抑えておくことを忘れないようにしましょう。頭金の捻出を行う際には当面の生活費や諸費用、新品の家具の購入代金なども含んで計算しておくことです。不動産物件を購入する際には登記費用や固定資産税などの各種費用が掛かっていくものです。初めて物件購入をする方の多くは、物件価格のみに頭がいってしまい、購入時に掛かっていく費用面の検討を怠ってしまうケースが多いものです。自己資金と金融機関からの借入で購入費用を賄うことが出来たとしても、登記や税金の納付に関する費用が足りないと悩む方は意外と多かったりするのが実情です。自分のライフプランに従い、無理の無いローン返済と豊かな生活が送れる範囲での物件購入を進めましょう。杉並区の物件を扱う不動産会社の多くでは無料での購入相談が出来るようになっています。休日などの都合の良いタイミングで気軽に購入の相談に伺っていきましょう。

注目キーワード

東急不動産だまし売り裁判
林田力が東急不動産消費者契約法違反訴訟を描いたノンフィクション。正式タイトルは『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』である。2009年7月1日にロゴス社から刊行した。不利益事実を説明されずに東急不動産...
不動産業
不動産の分譲、賃貸、売買仲介、鑑定などを行う業種。
【関連情報:杉並区 不動産