英美建設

Home > 住宅 > 英美建設

鉄筋コンクリート住宅(RC住宅)なら東京・埼玉対応の英美建設


住宅の関連情報

住宅(じゅうたく)は、人の居住を用途とする建築物。「住居」とも言う。生活範囲となる環境を含める場合もある。 ひとつの敷地に一世帯が居住する「一戸建(て)」(戸建(て)、個人住宅とも言う。建築基準法においては専用住宅)と、複数世帯が居住する「集合住宅」(建築基準法においては共同住宅)とに大別される。また、自己が所有し居住する持ち家と、他人が所有する住宅を借りて居住する貸家(貸間)・賃貸住宅に分けることもできる。 その形には、社会の変化に応じて流行もあり、和風住宅、洋風、欧風住宅といった呼び名があり、また、高齢者の在宅ケアなどのための同居する人が増えるようになり、二世帯、三世帯住宅や、高齢者住宅、バリアフリー住宅といった呼称も出てきた。
※テキストはWikipedia より引用しています。

鉄筋コンクリート住宅のことなら東京・埼玉を中心に対応している英美建設にお任せください。当社は、コンクリート住宅[通称RC住宅]の建築を得意としておりますので、ご質問やご相談などございましたらお気軽にお問い合わせください。

住宅を購入しようと思った際、気になるのがその住宅の造りです。木造建築等色々な造りが存在しますが、コンクリート住宅はどうなのかと検討をしている人もいるのではないでしょうか。コンクリート住宅の最大のメリットの1つに、耐震性という面があります。他の木造の住宅等よりも圧力に強いコンクリートや引っ張り抵抗に強い鉄筋を組み合わせる事などにより、地震に強い構造の住宅を造りやすいという地震が多発する日本において特に他の造りよりも優位性を持つメリットになります。また、それに並ぶ大きなメリットがその遮音性です。日本は元々国土が狭いうえに、都市部の建築ラッシュなども重なり非常に隣の家との距離が狭くなりがちになっています。そうなると少しの騒音でも周辺住宅からの苦情などによるトラブルになってしまう可能性も高くなります。都市部の住宅においてこの工法が用いられているのはこうした事情による所も多く、現代日本に無くてはならない工法となっています。その他自身だけでなく、大雨や暴風などといった類の災害にも強く、毎日安全に過ごしたいというニーズを持つ人に特に人気の工法となっています。ただ、良い点だけでなく短所というのも存在します。その短所の1つが増改築が非常に難しいという点があります。増改築を行う際には住宅に新たな開口部を作らなければなりませんが、それがコンクリート住宅の場合は非常に困難になります。将来的な増改築や2世帯住宅にしようと考えている人にはあまりおすすめ出来ません。さらに、土地を所有していてこれからコンクリート住宅を建築しようとしている場合には、地盤調査も必要になります。コンクリート住宅は非常に重いので、地盤がコンクリート住宅の建築に耐えられないと判断された場合には、追加で地盤改良工事が必要になる場合があります。このように長所と短所をよく見比べて、自分の理想の家に近づけるかどうかを比較したうえでコンクリート住宅を選択しましょう。

注目キーワード

公営住宅
地方公共団体が国の補助を得て建設し、賃貸する住宅。 県営住宅、市営住宅など
住宅
人の居住を用途とする建築物のこと。 別名:「住居」「マイホーム」 周囲の環境から住人の快適な生活を守るものであり、生活範囲となる環境を含める場合もある。
【関連情報:コンクリート住宅