JACSボートライセンススクール

Home > スクール > JACSボートライセンススクール

東京・千葉で船舶免許・ボート免許なら【JACSボートライセンススクール】


船の関連情報

船(ふね、舟、舩)とは、人や物をのせて水上を渡航(移動)する目的で作られた乗り物の総称である。 基本的には海、湖、川などの水上を移動する乗り物を指しているが、広い意味では水中を移動する潜水艇や潜水艦も含まれる。動力は人力・帆・原動機などにより得る。 大和言葉、つまりひらがなやカタカナの「ふね」「フネ」は広範囲のものを指しており、規模や用途の違いに応じて「船・舟・槽・艦」などの漢字が使い分けられている。よりかしこまった総称では船舶(せんぱく)あるいは船艇(せんてい)などとも呼ばれる(→#呼称参照)。 水上を移動するための乗り物には、ホバークラフトのようにエアクッションや表面効果を利用した船に近いものも存在する。また、水上機や飛行艇のように飛行機の機能と船の機能を組み合わせた乗り物も存在し、水上機のフロートや飛行艇の艇体は「浮舟」(うきぶね)と表現される。 なお、宇宙船や飛行船などの水上以外を航行する比較的大型の乗り物も「ふね」「船」「シップ」などと呼ばれる。これらについては宇宙船、飛行船などの各記事を参照のこと。また舟に形状が似ているもの、例えば刺身を盛る浅めの容器、セメントを混ぜるための容器(プラ舟)等々も、その形状から「舟」と呼ばれる。これらについても容器など、各記事を参照のこと。
※テキストはWikipedia より引用しています。

船舶免許、特殊小型免許、ボート免許を東京もしくは千葉で取られたい方は当スクールにお任せ下さい。

実際のところ、小型船舶免許を取得するのであれば、間違いのない事業を展開してくれる、ハイレベルなところにしたほうが得策です。小型船舶免許にもいろいろなレベルがあるので、自分の実力に見合ったものを取得することが重要となってきます。どちらにしても、しっかりとした教習所を選ぶために、経験者の話に耳を傾ける必要はあるでしょう。経験者の話は1番の大きな参考材料となるので、必ず確認しておくべきです。例えば、身の回りに詳しい人がいるなら、その人たちからお勧めのところを紹介してもらうのが無難だといえます。小型船舶免許を既に取得し、乗り回している人たちの話であれば、信頼ができるでしょう。信憑性のある話ができる人が身の回りにいないような状況なら、コネクションを活用しなくても良いので、雑誌やインターネットなどを使って自分で調べた方が無難です。特にたくさんの情報の中から、小型船舶免許が取得できる場所をピックアップしたいなら、今の時代だからこそインターネットを利用してリサーチする方が得策だといえます。パソコンやスマートフォンがあれば、その場でリサーチができるので、かなり有利なリサーチ方法だと言えるでしょう。口コミをチェックできる情報サイトに目を向けると、そこである程度名前が明るみに出ているような、有名で信頼性の高い教習所にも目を向けられるようになります。後は、選ばれ続けている教習所のホームページをダイレクトにチェックし、どのような特徴を持っているのかを見極めるようにしておきたいところです。いろいろな教習所の特徴をホームページで確認してから比較をすると良いでしょう。比較することによって、免許を取得する際に必要な費用がどのくらいになっているのか、その辺に関しても調べられるはずです。いろいろな教習所の小型船舶免許取得費用をチェックしてから比較し、コストパフォーマンスよく勉強できるところを選ぶことも、大きなポイントとなってきます。

注目キーワード

船橋
*「市」として → [keyword:船橋市] *「駅」として JR東日本 東武鉄道 千葉県[]船橋市[]にある、JR東日本と東武鉄道の駅。→ [keyword:船橋駅] :* 類似駅名 *:→ [keyword:京成船橋駅] ○ []リスト[]:駅キー
宇宙船
宇宙空間で運用されることを目的に作られた物体。人工衛星も宇宙船の一種である。 一般的には特に断りのない場合、有人宇宙船(内部に人間が搭乗したり操縦したりするもの)を指すことが多い。 リスト::天文学
【関連情報:小型船舶免許