Lapinus

Home > ビジネス > Lapinus

浦和のフォトスタジオ「ラピナス」|七五三・赤ちゃん・子供・マタニティの写真撮影


写真の関連情報

写真(しゃしん、古くは寫眞)とは、 狭義には、穴やレンズを通して対象を結像させ、物体で反射した光および物体が発した光を感光剤に焼き付けたのち、現像処理をして可視化したもの。このとき、感光剤に焼き付けるまでを行う機器は、基本的にカメラと呼ばれる。 広義には、電磁波、粒子線などによって成立する、弁別可能で存続性の高い像。英語の"photograph"という語は、イギリスの天文学者ジョン・ハーシェルが創案した。photo-は「光の」、-graphは「かく(書く、描く)もの」「かかれたもの」という意味で、日本語で「光画」とも訳される。"photograph"から、略して"フォト"と呼ぶこともある。 日本語の「写真」という言葉は、中国語の「真を写したもの」からである。
※テキストはWikipedia より引用しています。

Lapinus(ラピナス)は、さいたま市浦和区にある家族・子供専用のフォトスタジオです。七五三・マタニティ・入学何でも撮影お任せください。浦和駅から徒歩5分でアクセスも抜群。大人も子どももわくわく出来る空間をご用意してお待ちしております。

健やかな子供の成長を願う行事として、古くから行われてきたのが七五三です。その名前の通り、7歳・5歳・3歳になった年のタイミングで神社などにお参りに行くのが慣例となっています。具体的には、男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳になる年の11月15日に参拝するのが正式なやり方です。本来は氏神様へ子供の成長を報告し、感謝する意味合いの儀式であった七五三ですが、現代では単純に子供の成長をお祝いするイベントとして広く浸透しています。そのため、神社などへお参りした後に、写真館で家族写真を撮影したり、お祝いの食事会をしたりするなど、様々なやり方で七五三をお祝いするご家庭が多いのではないでしょうか。七五三に向けてどのような準備をすれば良いのか、今ひとつ分からないという方は、写真館が用意しているセットプランを活用するのもおすすめです。埼玉県のような都市部であれば、主要な神社の近くには必ずと言ってよいほど写真館が軒を連ねていることでしょう。それぞれの写真館では、子供の衣装のレンタルから参拝する神社への送り迎え、参拝後の写真撮影までをセットにしたプランを展開していることが一般的です。また、埼玉県の近隣の神社であれば、現地で参拝している風景のスナップ写真を出張撮影してもらえることもあります。いかにも写真館で撮影したような格式張った写真だけでなく、自然体での写真も欲しいという方や、撮影者が写っている写真が少ないという事態を避けたい方には最適です。以上のようなサービスを利用したい場合には、埼玉県内のどの神社へ参拝したいのかだけ決めて、あとは写真館へ申し込めば完了です。参拝時に着ていく衣装も、撮影用のものをレンタルして、そのまま着ていける場合が多いため、別途自分で用意する必要はありません。もちろん、自前で着たい衣装がある場合には、それを着ていくことも可能です。一生に数回しかチャンスのない七五三だからこそ、プロにお任せすれば安心して臨めることでしょう。

注目キーワード

写真
光学的方法で感光材料面に写しとった物体の映像。一般には物体からの光を写真レンズで集めてフィルム・乾板などに結像させ、これを現像液で処理して陰画とし、印画紙などに焼き付けて陽画を作る。 日本では1857年に...
写真家
写真撮影を趣味あるいは職業とし、一定以上の写真撮影に関する知識・技術・経験を保有する人。写真愛好家と区別する場合にはプロカメラマンを指す。 フォトグラファー。 関連語 リスト::写真家
【関連情報:七五三 埼玉