晃陽学園高等学校

Home > スクール > 晃陽学園高等学校

東京・吉祥寺の通信制高校【晃陽学園高等学校 東京・吉祥寺学習センター】


高等学校の関連情報

高等学校(こうとうがっこう)は、日本における後期中等教育段階の学校。略して高校(こうこう)と呼ばれている。その名称から誤解されることもあるが、高等教育(ISCEDレベル5)を行う学校ではなく、後期中等教育段階(ISCEDレベル3)に相当する学校である。 1948年に発足した新制の高等学校は旧制の中学校、高等女学校、実業学校を改組再編したものである。高等学校は中学校の教育を基礎とし、中学校の課程を修了した生徒に高度な普通教育および専門教育を施すことを目的とする。主に市民としての総合的な基礎教養、大学・専門学校など高等教育機関への進学準備、また就職に向けての技術・技能の習得の教育を行う。 新制の高等学校は小学区制・総合制・男女共学を原則としたものの前二者は実施には至らなかった。1990年代以降は中高一貫制の導入、単位制の実施、総合課程の導入など教育の多様化・柔軟化がみられる。 日本の高等学校の制度上の正式な英語表記はUpper Secondary Schoolである。一般には米国式のhigh schoolとの訳や、Senior high schoolとの訳(中学校のJunior high Schoolに対応した訳)もみられる。 なお、日本において学制改革後の1950年(昭和25年)まで存在した高等学校については、旧制高等学校を参照。
※テキストはWikipedia より引用しています。

東京・武蔵野市、吉祥寺駅徒歩2分の通信制高校、晃陽学園高等学校 東京・吉祥寺学習センターです。アットホームな環境の中で先生とやりとりしながら、マイペースで高校卒業めざして学習できます。

やはり他の地域に比べても、東京都内には通信制高校がたくさんあります。高校卒業ができずに、高卒認定を取ることができなかった人の中には、そのまま働いている人も多いでしょう。しかし、そのままだと就職に限界が出てきますし、選択肢も限られてきます。そのまま生活を過ごしてしまうと、自分の可能性を狭めてしまうので、そういった状況なら早い段階で通信制高校を選んで通っておくべきです。東京都内であれば、気軽に通うことができる、通信制高校と呼ばれている学校が非常に多く見かけられます。普段、学校に何かしらの理由で行くことができなかった子供にも、しかるべきサポートを行ってくれるような良心的なところもたくさんあるので、諦める前にチェックしてみましょう。実際に東京都内の通信制高校に通い続けた生徒たちの意見を参考にすることが大事です。その類の意見、体験談等に関しては、今の時代ならインターネット上から調べることができます。身の回りで友人や知人として先輩がいるなら、そういった人たちからお勧めのところを紹介してもらうのも良いでしょう。全くそういった知り合いがいない場合でも、インターネット上から調べるようにすれば、特に問題なく東京の地域にターゲットを絞って優秀な学校を見つけることができます。しかもこのやり方なら、東京都内で活躍している通信制高校のホームページもダイレクトに調べることが可能です。特徴を見極めて、カリキュラム等が充実しているかどうかを把握してから、願書を取り寄せるようにしましょう。当然ながら、パンフレットを取り寄せるだけではわからないところもありますし、ホームページを見るだけでは判断できない部分もあります。なので、いちど足を運んで見学に向かうことが大事です。どうしても物理的に足を運ぶのが難しい人は、オンラインスクールとして学ばせてくれる東京の通信制高校を選んでみるのも、1つの有効的な手段だと言えるでしょう。
【関連情報:通信制高校 東京